CSV

グランビスタと
SDGs

自 然
NATURE

ACTION1

GRANVISTA FARM SAPPORO
– 札幌パークホテルの取り組み –

グランビスタは自然(地球)にやさしい取り組みとして、自然農法の自社農園の運営や、和蝋燭を使用したキャンドルナイトの開催、傷病個体や希少生物の種保存活動を進めています。
次世代や未来と【つながる】新たな食の世界を創造する、自然栽培農園「GRANVISTA FARM SAPPORO(グランビスタファーム サッポロ)」は、2014年より取り組んでいる共有価値創造活動「Shaping the Global Future」の一環として開園しました。

開園当初より一切の農薬や肥料を使用しない木村式農法での栽培を実践しています。農園の開墾及びメンテナンスには、新入社員や若手社員が中心となって参加しています。食育と食を提供するホテルとして、生産者の側にまわり、食の安全とその大切さを学んだり、食べ物をつくることの喜びや大変さを学ぶ機会にしたいと考えています。このような取り組みを通して、地球環境保全への啓蒙・啓発に取り組んでいます。

GRANVISTA FARM SAPPORO 収穫物の活用

  • レストランでの提供
  • 自然栽培マルシェの開催
  • 食育への活用

■ その他の「自然」への取り組み

    RAINFOREST ALLIANCE

    グランビスタは、レインフォレスト・アライアンスの考え方に賛同し、レインフォレスト・アライアンス認証農園コーヒー豆を使用いたします。認証農園の商品を選択することでレインフォレスト・アライアンスの活動を支援することができ、次世代や未来をより良くすることをも考えた「おもてなし」を提供することを目指すという行動指針にも深くつながると考えています。

    レインフォレスト・アライアンスとは

    レインフォレスト・アライアンスは、国際的な非営利団体。農園で働く人々の暮らしの向上や、野生生物や森林の自然環境の保護、さらにはこれらを継続的に実施する為の経営方法の改善に積極的に取り組んでいる農園に対して「レインフォレスト・アライアンス認証」が与えられます。これらの厳しい基準をクリアした認証農園から供給されたコーヒー豆やカカオなどの原料を使用した商品はレインフォレスト・アライアンス認証マークを使用することができます。

    GRANVISTA Candle Night

    「GRANVISTA Candle Night(グランビスタ キャンドルナイト)」は、地球環境の大切さを再確認し、それぞれができる地球温暖化対策の取り組みを推進するための日である「クールアース・デー(毎年7月7日)」の主旨に基づいた取り組み。グランビスタでは、日本伝統の和蠟燭を使用することで、地球環境保全への啓蒙・啓発をするとともに、地域の伝統産業の価値を取り入れたキャンドルナイトを実施しています。

    傷病個体や希少生物の「種保存活動」

    傷病個体やアカウミガメ卵の保護、水生昆虫などの保全活動を通じて「種保存活動」を推進し、自然と野生動物との共存に貢献しています。

    紙ストローへの切り替え

    2019年より使い捨てプラスチック製ストローのご提供を原則廃止。ホテル内のお食事会場・ラウンジ 等では、環境に優しい紙製ストローなどにてご提供させていただきます。海洋ゴミ問題・環境保全に対し、今後も積極的な取り組みを行なっております。