CSV

グランビスタと
SDGs


PEOPLE

ACTION3

ウミガメ移動教室
– 鴨川シーワールドの取り組み –

人と自然、人と社会の関わりを広げる取り組みとして、自然保護活動を伝える移動教室や体験型学習プログラムの開設など、生き物への理解を促進する学習機会の創出に取り組んでいます。

鴨川シーワールドでは2002年より、目前の東条海岸を中心に、ふ化に適さない場所に産卵されたアカウミガメの卵を保護し、生まれた子ガメを自然に近い状態で放流する活動を行っています。そうした自然保護活動を通して得られた知識を伝えることを目的とした「ウミガメ移動教室」を、2012年度より自然保護に関する教育普及活動の一環として無料で開催。幼稚園や保育園、小学校、中学校、特別支援学校を対象に、アカウミガメの子ガメとともに飼育係員が学校を訪問しています。
自然保護について学習をすると共に、本物の子ガメを間近で観察することで、子どもたちに自然保護への理解や命の大切さについて広く知ってもらう活動をしています。

代表的な人と自然、社会との関わりを広げる取り組み

  • ウミガメ移動教室
  • サマースクール・ウィンタースクール開校

■ その他の「人」への取り組み

    ホテリエ&パティシエ企画

    ホテルの現役スタッフが「ホテルマナー」と「パティシエの技」を子どもたちにお伝えするスペシャルスクールです。授業は、「ホテリエ講習」、「チェックイン実習」、「パティシエ講習」から構成されており、子どもたちにとっては、「ホテリエの仕事」を体験できる楽しい1日となり、ご父兄の皆さまにとっても体験を通じてお子さまが成長する姿を実感していただける体験プランです。

    グランビスタギャラリー サッポロ

    グランビスタギャラリー サッポロでは、様々な展示を通じて良質な文化を発信し、新たな交流の機会を創出しております。札幌や北海道の作家やアーティストの展覧会を中心に行いながら、地域との連携をはかり、札幌や北海道の生活文化、芸術振興に寄与する活動を行いながら、ご来場いただく皆さまに地域の魅力を発信いたします。