3.3か月分の年間賞与支給を決定 2024年4月賃上げ分と合わせて、全社平均15.4%の年収アップへ

2024/07/10

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒井 幸雄)は、2023年度の決算賞与として3.3か月分の支給をいたしました。これにより、2024年4月に実施した月額平均4.5%の賃上げと合わせて、全社平均15.4%の年収アップが見込まれることをお知らせいたします。

これまで当社では、日本全国各地に展開しているホテル、水族館などのレジャー施設やハイウエイレストランで勤務しているキャスト(2024年3月末時点1,742名在籍)を対象に、時代に寄り添った、より良い職場環境づくりや働き方改革に取り組んでまいりました。また、モチベーション向上とキャリアアップを目的とし、外部講師による「年代別キャリア開発研修」や「階層別研修」など、多彩な研修も開催し続けております。

キャストの働きがいを高めるためのみならず、当社の観光産業における人材採用力の更なる強化と、優秀な人材の安定確保を目指す、人的資本投資の一環として、2024年4月に新卒初任給を引き上げ、合わせて若年層から中間層を中心とする全社既存キャストの給与テーブルを改定し、月額平均4.5%の賃上げを実施いたしました。
また、市況の好転等による観光業界への追い風を受け、上期過去最高益を更新したことから、このたび3.3か月分の年間賞与の支給を実現し、年収ベースでは全社平均で15.4%アップとなる見込みです。

グランビスタ ホテル&リゾートは、引き続き、ブランドステートメントである「地域の価値で、未来を変えていく。」を体現していくために、日本の観光産業に有為な人材の育成と、キャスト一人ひとりが能力を最大限発揮できるよう、魅力ある働きやすい職場環境づくりに取り組んでまいります。

プレスリリースはこちら[PDF 約1MB]