• 会社概要 Corporate Profile
  • 施設一覧
  • 事業開発 Business Development
  • 物販 Products
  • 採用情報 Recruitment

TOPICS<ニュースリリース>

~古都文化を“コト体験”で伝承「未来の京都まちづくり推進」に貢献~

京都市自治120周年記念式典でグランビスタ ホテル&リゾートが表彰

2018年10月19日

ニュースリリース  

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須田貞則)は、2018年10月15日(月)、「京都市自治120周年記念式典」において、京都市政の推進に尽力した企業や個人に贈られる「未来の京都まちづくり推進」部門で、門川大作京都市長より表彰されました。

式典会場の様子

記念撮影

当社の掲げるブランドステートメント「地域の価値で、未来を変えていく。」を具現化する新ホテルブランド「INTERGATE HOTELS」の第1号として2018年3月にホテルインターゲート京都 四条新町を開業いたしました。ホテルインターゲート京都 四条新町では、京都の旅行を最高の体験や記憶にしていただくために、『和蝋燭の絵付け体験』や『唐紙文様ポストカード作り』、『裏千家 一服の茶体験』、『蒔絵のグラス絵付け体験』などバリエーション豊かなテーマのワークショップ“コト体験”を開催しており、多くのお客様に大変好評を得ています。

京都市自治記念式典
京都市は、明治31年に京都府知事直轄による市政の撤廃を実現し、市民自らが選任した市長が同年10月15日に市役所を開庁。近代における自治権の獲得を成し遂げました。 同市は、この日を「自治記念日」に位置づけ、毎年記念式典を開催。京都に息づく自治の精神の大切さを再確認するとともに、京都市政の推進に尽力された方々の功績をたたえ表彰状の贈呈を行っている。

京都市長からのコメント

 この度の表彰、誠におめでとうございます。
 本年3月に開業されました「ホテルインターゲート京都 四条新町」は、京町家を意識した外観で景観に配慮!
まちなか・錦市場にもほど近く、京都の食文化を堪能できます。また、西陣織など京都の伝統産業を使用した室内の設えで、旅行者をおもてなしされるなど、「泊まってこそ京都!」を見事に体現しておられます。さらに、ホテルのラウンジで毎月開催される伝統産業のワークショップや、「京あるきin東京」と連携したイベントの開催など、まさに「京都力」を活かしたお取組で、京都の産業振興にも多大なる御貢献をいただいています。
 魅力と個性あふれる「未来の京都」のまちづくりを進める上では、皆様と行政が共に行動し、共に汗する「共汗」が不可欠であります。今後とも、京都のまちを更に活性化させるため、変わらぬお力添えをお願い申し上げます。

京都市長 門川 大作

ホテルインターゲート京都 四条新町 支配人 橋本 ゆき子 のコメント

この度は、栄誉ある賞をいただき大変光栄に存じます。関係者の方々に厚く御礼申し上げます。
さて、インターゲートホテルズは、「地域の価値で、未来を変えていく。」を具現化し、地域と共に歩んでいくホテルづくりを理念としております。ホテルインターゲート京都 四条新町では、ゲストと地域をつなぐさまざまなサービスにチャレンジしていく中、京都の伝統文化の "コト体験" を通して紹介し続けてきたことにより、今回のご評価を賜ることができたと考えております。これからも、この受賞を励みとして、私たちはお客様とともに京都の価値を伝承・創造し、社会に微力ながらも貢献できるよう精進して参る所存でございます。



プレスリリースはこちら[PDF 約350KB]

ページのトップへ