• 会社概要 Corporate Profile
  • 地域の価値
  • 事業開発 Business Development
  • 物販 Products
  • 採用情報 Recruitment

TOPICS<ニュースリリース>

【ホテルインターゲート京都 四条新町】8月ワークショップ・イベントのお知らせ『古代文字をうちわに描く体験』『蒔絵のグラス絵付け体験』

最高の朝をお届けするホテル INTERGATE HOTELS by GRANVISTA

2018年7月24日

ニュースリリース  ホテルインターゲート京都 四条新町

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須田貞則)が運営する、ホテルインターゲート京都 四条新町(京都市中京区、支配人:橋本ゆき子、3月1日開業)では、伝統産業を体験できるワークショップやイベントを毎月開催しております。

8月のワークショップでは、古代文字をうちわに描く世界に一つだけのオリジナルうちわの制作や京都市が指定する74品目の伝統産業に認定されている京漆器の代表的加飾技法のひとつである蒔絵のグラス絵付けをホテルインターゲート京都 四条新町にて開催いたします。古くから伝わる文化のロマンを感じながら貴重な体験をお楽しみください。

詳細は下記をご参照ください。


古代文字をうちわに描く体験(イメージ)

【ホテルインターゲート京都 四条新町 8月ワークショップ】
開催場所:ホテルインターゲート京都 四条新町 インターゲートラウンジ(1F)
お問い合わせ先:075-255-2221

■ 『古代文字をうちわに描く体験』
古代のロマンを感じながら、神聖な象形文字をうちわに刻み、自分だけのオリジナルうちわをお作りください。

開催日時:8月10日(金)、11日(土・祝) 17:00~20:00(随時受付)
参加費 :2,000円(税込)
定員  :25名様
講師  :天遊 (天遊組 主宰)
参加方法:予約不要。所要時間30分
※直接インターゲートラウンジまでお越しください。
※当日、体験でお作りいただいたうちわはお土産としてお持ち帰りいただけます。

■代表的な古代文字
今から約3300年前、中国・殷の時代(日本の縄文~弥生時代)神と王との交信(占い)を記録するために作られた、特別で神聖な文字。甲羅や獣骨に刻まれた《甲骨文字》、青銅器に鋳込まれた《金文文字》があり、現在の「漢字」の源といわれている。
天と地が神梯(はしご)でつながり、至る所に神が宿っていた時代、古代人は畏敬(いけい)の念を持って自然を、生死を、受け入れていた。その精神が、文字の形態に込められている。
260年の間に生まれた3000字の中に、7万とも言われる現代の漢字のルーツが必ずある。

■天遊 TEN-YOU 氏(天遊組 主宰) について
古代文字の第一人者、書家、加藤光峰氏に師事。
独立後の自由な活動がアーティストの支持を受け、東京、パリ、ニューヨーク、サンフランシスコ、ベルギーなど国内外の様々なアートイベントに招待される。文字の魅力と全身で書く楽しさを伝える為、古代文字アーティスト集団 天遊組を主宰。多くの出会いから海外への展開が始まるが、その矢先3.11の地震災害を体験。改めて生かされていることを意識する。
自然界への「畏敬の念」が込められた古代文字を、日本の伝統文化、技術を取り込み発信している。

■ 『蒔絵のグラス絵付け体験』
奥が深い蒔絵の一部をワイングラスでご体験いただきます。京都の蒔絵作家が丁寧にお教えいたします。

蒔絵(まきえ)は漆器の代表的加飾技法の一つです。漆で形を描き、その漆が固まらないうちに金銀粉などの金属粉を蒔き付けます。少なくとも10世紀にはこの技法は使われており、1,000年以上の歴史を持っています。


絵のグラス絵付け体験(イメージ)

開催日時:8月17日(金)、24日(金)15:00~20:00(随時受付)
参加費 :2,000円(税込)
講師  :蒔絵作家 枚田夕佳氏
参加方法:予約不要。
直接インターゲートラウンジまでお越しください。
※当日、体験でお作りいただいた蒔絵のグラスはお土産としてお持ち帰りいただけます。


■蒔絵作家 枚田夕佳氏について
蒔絵作家 金継職人 京都伝統工芸大学校蒔絵専攻で4年間漆を学ぶ。
修了作品展では2年続けて京都府教育委員会教育長賞・奨励賞を受賞。その後京都市産業技術研究所伝統産業技術後継者育成研修 漆工応用コースにて1年間学ぶ。その際、漆工奨学賞を受賞する。現在、漆工の技術を応用して、割れた陶器を修復する金継ぎに従事している。


※京都市では、京都市伝統産業活性化推進条例に基づき、京都市の伝統産業について、京都市伝統産業活性化推進審議会の答申を受けて、74品目を京都市の伝統産業に指定しています。

ページのトップへ