• 会社概要 Corporate Profile
  • 共有価値創造活動
  • 事業開発 Business Development
  • 物販 Products
  • 採用情報 Recruitment

TOPICS<ニュースリリース>

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート
~国際オゾン層保護デー、オゾン層保護対策推進月間に賛同~

第2弾「GRANVISTA Candle Night」開催決定!

日時:2014年9月8日(月)~9月16日(火)
期間中の収益金の一部を環境保護団体に寄付

2014年9月4日

ニュースリリース  

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都中央区、代表取締役社長:須田貞則)は、当社が取り組む共有価値創造活動「Shaping the Global Future(シェーピング ザ グローバル フューチャー)」の一環として、9月8日(月)から9月16日(火)の期間、当社が経営する施設において「GRANVISTA Candle Night(グランビスタ キャンドルナイト)」を開催致します。今年7月の開催に続き2回目のキャンドルナイト開催となり、今回は期間中の収益金の一部を森林保全団体more trees(モア・トゥリーズ)に寄付致します。

第2弾の「GRANVISTA Candle Night」は、毎年9月16日に定められている「国際オゾン層保護デー」(International Day for the Preservation of the Ozone Layer)にちなんで行われます。「国際オゾン層保護デー」は1987年9月16日にカナダのモントリオールにて署名された「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」(通称:モントリオール議定書*1)が採択されたことを記念して、1994年の国際連合総会で定められた記念日です。また、日本では毎年9月をオゾン層保護対策推進月間と定め、諸々の啓蒙活動を行っています。

【イメージ写真】

当社は期間中、10施設13ヶ所の照明を可能な限り消灯し、ろうそくを灯します。あたたかいろうそくの灯りのもと、環境負荷の低減などを考えるとともに、ひとりひとりが、自分のために、家族のために、日本のために、そして未来の地球のために何ができるのかを考えるきっかけにできればと考えています。
キャンドルナイトは環境問題やエネルギー問題、さらには現代社会のライフスタイルについて改めて考えるとともに、時間のあり方、過ごし方などについても見つめ直すきっかけとして環境NGOなどの呼びかけにより2003年より始まり、今では全国各地に広がっているイベントです。

地域とともに存在する施設を全国に多数運営する当社は、今後も「地域の価値で、未来を変えていく。」という企業ステートメントのもと、共有価値創造活動「Shaping the Global Future」に積極的に取り組み、地域から社会や人々の生活をより豊かにする文化や概念を見いだし、世の中に発信していきます。

*1モントリオール議定書:オゾン層を破壊するおそれのある物質を特定し、当該物質の生産、消費及び貿易を規制して、人の健康及び環境を保護することを目的としている議定書

【「GRANVISTA Candle Night(グランビスタ キャンドルナイト)」実施概要】

◇開催日程と開催時間:2014年9月8日(月)~9月16日(火) ※時間等の変更する場合がございます。

  ■札幌グランドホテル 「ノーザンテラスダイナー」 17:00~21:00
  ■札幌パークホテル 「テラスレストラン ピアレ」 19:00~21:00
  ■ホテル大阪ベイタワー 「1階 ロビー」 9月16日(火)のみ 20:00~21:00
  ■鴨川シーワールドホテル 「1階 ロビー」 20:00~22:00
  ■白良荘グランドホテル ラウンジ 「シュガービーチ」 20:00~22:00
  ■銀座グランドホテル 「ノーザンテラスダイナー トウキョウ」 17:00~22:00
  ■黒部観光ホテル  「バイキング会場 安曇野」18:00~20:30
「フロント前ロビー」 18:00~22:00
「正面ロータリー」(晴天時) 18:00~22:00
中庭「山野草園」(晴天時) 18:00~22:00
  ■章月グランドホテル 「ラウンジ かむり」 20:00~22:00
  ■佐野ハイウエイレストラン レストラン内にて 20:00~22:00
  ■熱海ビーチライン 料金ブース付近 20:00~22:00

【more trees(モア・トゥリーズ) について】
一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)は、「もっと木を」というコンセプトのもと、音楽家の坂本龍一を代表とし、2007年に設立された森林保全団体です。「都市と森をつなぐ」をキーワードに、森づくりを推進しながら、森の持つ保水力や生物多様性などの多面的な機能の回復を目指しています。私たちが生活していくうえでどうしても排出してしまうCO2を森が吸収するCO2で埋め合わせる「森林由来のカーボンオフセット」の普及をはじめ、国産材などの様々な「森のめぐみ」を利用した商品やサービス、体験ツアーなどを企画・展開することで都市と森、山村との交流にも努めています。
※more trees(モア・トゥリーズ)HP: http://www.more-trees.org/

【「Shaping the Global Future」とは】
誰もが持つ課題には「つながり」があり、視点を変える(広げる)と、それらの身近な課題は様々な社会課題ともつながっています。環境や地域、食についての様々な課題に事業活動を通じて向き合うことで、地域や世界へ価値を生み出す取り組みを行います。さらに、「多様な文化の伝承と創造」と「自然との積極的な共生」という2つのテーマに対し、地域の価値を軸として、持続可能性を追求します。これが私たちグランビスタの取り組む共有価値創造活動、「Shaping the Global Future」です。

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社グランビスタ ホテル&リゾート
担当:黒田(マーケティング部)、豊島(ブランドマネジメント室)
TEL/03-3297-8603 FAX/03-3297-0707 
E-mail:info@granvista.co.jp

ページのトップへ