• 会社概要 Corporate Profile
  • 施設一覧
  • 事業開発 Business Development
  • 物販 Products
  • 採用情報 Recruitment

TOPICS<ニュースリリース>

現在、国内飼育記録更新中!

【鴨川シーワールド】バンドウイルカ「スリム」飼育日数15,000日

2012年12月04日

ニュースリリース  鴨川シーワールド

鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:荒井 一利)で飼育しているバンドウイルカ「スリム」(メス:推定年齢46歳)が、2012年12月11日(火)で飼育15,000日を迎えます。

バンドウイルカ「スリム」は、現在国内で飼育されているバンドウイルカの中で、最長寿の個体で、鴨川シーワールドのオープン間もない1971年11月17日に、静岡県伊東市より搬入されました。1995年1月2日に、かつて新江ノ島水族館で飼育されていたバンドウイルカ「ルカ」の持つ国内最長飼育記録(飼育日数8,446日)を更新し、来る2012年12月11日(火)には飼育日数15,000日を迎えます。かつてはイルカパフォーマンスのスターとして活躍し、その後は、出産育児でも成果を見せ、1978年から現在までに8頭の子どもを出産し、育てており、その中には、2003年7月に、日本で初めて生まれた人工授精の子ども「サニー」も含まれています。

 現在、推定年齢で46歳を迎えた「スリム」ですが、まだまだ現役で、ロッキーワールド「イルカの海」で一緒に暮らす若いメスイルカたちの良きお手本となっています。

 オープン当時からともに歩んできた「スリム」は、まさに鴨川シーワールドの歴史そのものであり、今では、職員の誰よりも「先輩」となった「スリム」に、敬意を表するとともに大切に育てていきたいと思います。
 

             

                                   お問い合わせ先

                    総合企画課 : 村松・中澤
                                      TEL/04-7093-4809 FAX/04-7093-3084

   

 ◇◆◇バンドウイルカ「スリム」略歴◇◆◇

1971年11月17日静岡県伊東市より搬入
1978年10月17日初めての子供を出産
1995年1月2日バンドウイルカ国内最長飼育記録更新(飼育日数8,447日)
1999年4月4日飼育日数10,000日達成
2003年7月17日国内初の人工授精の子供(サニー)を出産
2012年12月11日飼育日数15,000日達成(予定)


       

 

 

 

ページのトップへ