• 会社概要 Corporate Profile
  • 共有価値創造活動
  • 事業開発 Business Development
  • 物販 Products
  • 採用情報 Recruitment

採用情報

人材ポリシー

人材戦略

当社は2011年12月から新生グランビスタに向けた、更なるステップアップとして、「人」の部分の改革に着手しています。
新生グランビスタとしてのゴールを達成し、その価値を実現し続けることができる土台作りが重要であり、その土台となるのがまさに「人」だと考えています。

会社がもっている人的インフラを再構築し、『全社視点における人材最適配置』、『継続的な成長を可能とする人材最適配置』、『継続的な成長を可能とする人材、ロールモデルとなる人材の育成』、『客観性と公正性が強化された人事制度の改善』、『働きやすい労働環境の整備・改善』に取り組んでいます。

当社の特性として、ホテルや旅館だけではなく、さまざまな事業を展開しているという事業の多様性、そしてそれに伴う人材の多様性というものがあります。
現在この当社の特徴であり強みである多様性が、組織力という意味において大きな力になりつつあり、それはさまざまな場面で目に見えて感じられるようになってきました。
採用においては女性・外国人・若手を積極的に登用し、多様な人材がそれぞれの考え方を持ち込み、従来からの魅力に加えて、新しい価値を創造しうる環境を整備したいと考えています。

また、人事評価で大切なのは公平性・客観性・納得感がベースにあることと考え、評価の根拠を認識できる仕組みを構築しました。その結果、自分の職位においてどのような能力が必要なのか、スタッフは視覚的に理解することができるようになっています。

さらに当社では2013年4月から次世代の経営人材育成プログラムも立ち上げました。
当社は単なるホテル企業ではなく、多様性のある事業を行い、多様性のある人材が集まり、それがゆえにその人材が大きく育つことができる環境があるという魅力ある企業を目指しています。

管理副統括部長(人事・人材開発担当) 兼 人事部長 吉野克彦

求める人材

グランビスタ ホテル&リゾートは、こんな人材を求めています!
・ホスピタリティ業に興味のある人、やりがいを見出せる人
・当社のブランドステートメントに共感できる人
・地域の価値を見出せる人

福利厚生、教育制度

グランビスタの教育制度は、「“積極的に自己成長をし、グランビスタ・ホスピタリティを体現する人材”を育成する」という考えにもとづき、さまざまな育成プログラムを実施して、キャストメンバーの知識やスキルの向上に努めています。
また、グランビスタ ホテル&リゾートでは、キャストメンバーが生きがいを持って社会生活を送るために、福利厚生面からのバックアップを積極的に行います。

事業内容

グランビスタ ホテル&リゾートは、シティホテル、ビジネスホテル、旅館、リゾート施設など、さまざまなホスピタリティ事業を展開しています。また、総合ホスピタリティ事業者ならではの多岐にわたる事業実績と蓄積されたノウハウを活かし、ニーズに合わせた運営管理業務受託事業やコンサルティング業務も行っています。

ページのトップへ